セフレの作り方を知らないOLの私がセックスフレンド募集をした経緯

 学生時代からお付き合いをしていた彼氏がいました。
別々の会社で仕事をするようになっても、お付き合いは続いていました。
でもそんな彼と、先頃お別れすることになってしまったのです。
いつも彼氏に振り回されていた状態。
時にはDVのようなことまでしてくる人でした。
そんな彼氏でも、長く付き合っていたから別れは、とても寂しく感じてしまうものです。
自分でいうのもなんですが、見た目は決して悪い方ではないと思います。
だから、社内でも声をかけられることも多々あったりします。
だけど、前彼の面倒な関係のこともあり、しばらくの間は彼氏を作らなくてもいいかな?
こんな気持ちを持っているのも事実だったりします。
ただひとつ、どうしても寂しい部分を感じてしまうことがあります。
それはセックスです。
私を振り回した前彼ですが、セックスのテクニックはとても迫力がありました。
今までの彼氏の中で、最上級クラス。
前彼とのエッチを思い出すと、体の芯から震える思いに駆られてしまっていました。
またあの時のような、濃厚な深い快楽が得たいという気持ちを我慢できなくなっていました。

 

 大人のお付き合いのみの関係なら…。
私の心の中に、いつしかこんな考えが浮かぶようになっていました。
だけど肝心の、セフレの作り方がかけらも分りません。
ネットを使うのは分るのですが、それ以上具体的な方法を理解していなかったのです。
そこで試しに、友達探しのためのLINE掲示板を利用してみることにしました。

 

 掲示板を使った結果と言えば、ここは決してセフレの作り方として、最適な場所ではないと分りました。
冷やかしがとても多い。
わざわざ文句を送ってくる人たちがたくさんいます。
さらに、いかにも詐欺行為がある。
利用していて、怖くなってしまったのでした。

 

 セフレが欲しい気持ちを強めていた時のことでした。
思わぬところから、セフレの作り方を聞き出すことになっていきました。
それは同僚と2人だけの女子会をやっていた時のことです。
酔っぱらった同僚が、大人のお付き合いをしていると言い出したのです。
瞬間、光明を見た気持ちになりました。
彼女は何かを知っている。
相手の探し方を教えてもらえたら、私にもチャンス到来なのではないか?
瞬時に、こんな思いに駆られていきました。

 

 2人だけのお酒の席で言われたことは、強烈に耳に残りました。
決して、男の人から声をかけられるタイプではない同僚。
彼女にはセフレが何人かいて、代わるがわる大人の関係を作っていると言い出したのですから。
酔って、嘘でも言っているのかな?と思ってしまったのです。
すると彼女、証拠の写メを私に見せてきました。
瞬間、胸騒ぎを感じてしまったのです。
彼女から詳しい、相手の探し方を聞き出すことができたら、私の肉体的な疼きも解消できる可能性が出てくるからです。
しばらくはフリーでいたいけれど、体の要求はどうしてもなくなりません。
私にも大人のお付き合いが必要なのですから。

 

 セフレのいる同僚に話を聞いてみたのですが、ネットで本格的に相手を探せる場所は、数が限られていると言われました。
その数も本当に少ないようです。
どんな場所なのかと言えば、それが出会い系サイトなのです。
出会い系サイトって、ネットの中にはたくさんあるのでは?と思いました。
すると彼女は言います。
安全に出会いを探せる出会い系サイトの数が、極めて少ないのだと。
その極めて少ない出会い系サイトを利用することで、怖い思いをすることなく、魅力的な相手との出会いを探せるのだそうです。

 

 セフレ募集の効果的方法として、エロチャットを勧められました。
こちらは実際に会わなくて良い関係。
無料通話アプリで、文字でエロい事を言ってもらい、オナニーを楽しむ。
安全そうな人なら通話をして、オナ電を満喫していく。
こうして相手の安全性も確認しつつ、快楽を得るのだそうです。
なるほど、理にかなったやり方だなと思えたのです。

 

 彼氏が欲しい気持ちはさらさらないけれど、どうしても体の疼きは、我慢ができない状態です。
同僚のやり方なら、安心して確実に相手が探せそうです。
彼女のセフレの作り方で、チャレンジをしてみることにしました。

 

定番サイト登録無料

裏垢女子をするより確実なサイト!

 

 

名前:佳奈美
性別:女性
年齢:24歳
 私は某企業で働いているOLです。
最近になって、学生の頃から付き合っていた彼氏と別れをしました。
正直、寂しい気持ちと言うのは持っています。
だけど、前彼がDV気味だったこともあって、新しい彼氏を作る気持ちにはなれませんでした。
だけど、前彼のセックステクニックは素晴らしい。
あのような快楽をまた味わいたい、そう思っていた時のことです。
同僚に、セフレがいることが発覚しました。
私の食指が動いた瞬間でした。

page top