オナ指示が得意だという27歳の男性とLINEを交換する

 同僚が語った出会い系サイトの安全性は、次の通りです。
男の人は利用料金がいること。
男女共に、身分証明書提出が義務づけられていること。
運営がしっかりと管理をして、悪質な利用者を退会処分にさせていること。
通報システムも設置してあること。
このようなことから、悪質な利用者の存在はないと彼女は言いました。
実際に私も利用してみて、安全性は肌で感じます。
無料掲示板の時みたいに、無意味な大量メールも届きませんでした。
私の投稿を見て、それに沿ったメールが、いくつか送られてくるだけでした。

 

 この人ならと思って選んだのが、オナ指示が得意だという27歳の方。
メールで、最初はエロチャットでいいですかって聞いてみたところ、問題ないと言ってくれました。
LINEのID交換をして、文字でエッチな言葉を使ってくれます。
それでなくても体の疼きを感じていた私。
馴染みの薄い男の人から、エッチな言葉を投げかけられて、次第に興奮を始めてしまいました。
レスポンスがもどかしかったため、通話に切り替え。
相手の声を聞きながら、オナ指示を出してもらうことになりました。
Jさん「佳奈美のオマンコ、欲しくて仕方がない状態なんだね。マン汁いっぱい滴らせて」
私「は、はい…欲しい…です」
Jさん「見せるように、くぱぁして」
私「は、はい…恥ずかしいです…」
エッチな妄想が私の心の中で、大きく膨らみまくっていきました。
最近1人で触ってばかりだったせいか、男の人の声を聞いただけでもいつも以上の感度で反応をしてしまう。
私のエッチな声を聞いて、Jさんもかなり興奮しているのが分りました。
濃厚な電話エッチを楽しみ、何度かのアクメを感じてしまったのでした。

 

Jメールで知り合ったJさんとの通話に、酔いしれ陶酔しました。
もう、そのことが頭から離れない状態に。
帰宅してから、ついあそこを弄ってしまうのですが、どうしてもまた指示を出して欲しい気分になり、Jさんに連絡を入れてしまったのです。
2回目の通話も、滞りなくスタートしました。
その時、私感じすぎちゃっていました。
Jさん「僕の大きくなったやつ、見てみる?」
提案されてしまったのです。
私「は、は、はい…いいんですか?」
彼はカメラを起動しました。
Jさんの、とっても元気なチンチンがスマホに映し出されました。

定番サイト登録無料

裏垢女子をするより確実なサイト!

page top